ルーヴル美術館をより楽しむには

芸術と美食の街であるフランスのパリには数多くの観光スポットがあります。パリの美術館で最も知名度を誇るルーヴル美術館には多くの芸術品が収蔵されており、ふんだんに芸術を楽しむことができます。ここではルーヴル美術館にある「ナポレオン1世の戴冠式」の絵をより楽しむための秘密をお伝えします。実はナポレオン1世の戴冠式はルーヴル美術館にあるものの他に、ヴェルサイユ宮殿にも同じ作者が描いた複写画があります。しかしこの2枚の絵には違いがあるのです。ヴェルサイユ宮殿の絵にはルーヴル美術館の絵とは違ったピンク色の洋服を見ることができます。このピンク色の洋服の女性はポーリーヌという女性で、作者が愛していた女性とされています。パリ観光の際に訪れる機会の多いルーヴル美術館とヴェルサイユ宮殿をより楽しむための知識となっています。

効率良く美術館巡りをする秘策

パリには魅力ある美術館が多くあり、それらの美術館は常に観光客でいっぱいです。そんな美術館は入館するために多くの人が列をつくっており、入館するまでにかなりの時間を必要とします。限りある旅行の時間を有効に使う為の秘策が、パリ・ミュージアム・パスです。パリ・ミュージアム・パスとはパリの多くの美術館に入ることのできるチケットであり、チケットを購入するための列に並ぶ必要がありません。また、出入りが自由にできるため、見学途中で外で食事を楽しむことも可能です。このパスは2日、4日、6日の3種類販売されており、連続した期間で使用することができます。空港やパリのインフォメーションセンターでも販売されているため、手軽に入手することができます。パリ・ミュージアム・パスはパリ旅行を満喫するための必須アイテムです。